ただ単に、要件が出そろったので、あとは待っているだけというのでは、いつまで経っても契約に持ち込めません。

ここでやるべきことは、押し(説得)のクロージングではなく、「堀を埋める」ということがポイントです。
お客さまが導入について不安に思っていることや、懸案として持っていることを払拭しましょう。

まずは、こちらの説明に対するお客さまの不安や疑問の中で一番大きいものを洗い出すことがやることです。
「不明点はありませんか?」「懸念点はありませんか?」ーーこれらの質問から出たサインを見逃してはいけません。掘り下げて、徹底マーク。
契約になってからもお客さまがどのような懸案を持っているかを視野に入れながら、進めていけるといいですね。